歯周病完治までの流れ

歯周病が完治するまでの流れをご紹介します

歯周病は進行すればするほど、治療が難しくなり治療期間も長くなります。さらには、治療せずに放置したり、治療を途中で中断してしまったりすると、やがて歯を失うという結果につながることもあります。こちらでは、歯周病治療の流れをご紹介します。大切な自分の歯を守るために、治療の大切さを理解し、最後まできちんと通院するようにしましょう。

治療の流れ

歯周病治療は、以下のように順を追って進めていきます。1つのステップが終わったら再評価をし、さらに治療が必要であれば、次のステップへ進むという流れになります。

初診

パノラマレントゲン
+Dental14枚法

パノラマレントゲン+Dental14枚法
パノラマレントゲンを使い、顎の骨の状態を撮影します。撮影する場所を14か所に分け、ごく狭い範囲ごとに撮影するDental14枚法を用いているため、歯を支える骨の状態や歯周病の進行度を詳細に把握することが可能。歯周病が進行していればいるほど、顎の骨が溶けています。この診断を元に、それぞれの患者様に適した治療法をご提案します。

口腔内写真

口腔内写真
口腔内をカメラ撮影します。歯肉の色や形、歯の色や形が一目でわかるので、術前と術後の状態を比較する際にも重要な役割を果たします。

歯周病の検査(ポケット測定)

歯周病の検査(ポケット測定)
プローブという目盛りのついた測定器具の先を歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)に入れ、1歯につき6か所ずつ深さを測るプロービングという検査を行います。正常なら2~3mmですが、それより深いと歯を支える歯周靭帯が歯周病による炎症で切れ、歯ぐきがはがれている状態になっていることがわかります。歯肉が炎症を起こしていると、プロービングで出血することも。

スケーリング(歯石の除去)

スケーリング(歯石の除去)
歯周ポケットの中にひそむ歯石を、スケーラーという器具でとり除きます。歯石は細菌の集合体であるプラーク(歯垢)がかたまったもので、歯周病の直接的な原因そのものといえます。一度歯石になってしまえば歯ブラシではとれませんので、プロによる除去が必要です。

プラークコントロール

プラークコントロール
プラークをとりきれないままほうっておくとやがて歯石となり、ますますプラークが溜まりやすくなるうえに、歯周病の原因となります。正しいブラッシングである程度とり除けますが、それだけで十分とはいえません。デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを併用し、歯ブラシの届かない歯と歯の間もお手入れしましょう。当院ではブラッシング指導を含めた、プラークコントロールの指導を行っております。

再評価1

ポケット測定 2回目

ポケット測定 2回目
スケーリングやプラークコントロールなどによって歯ぐきの状態が改善しているかどうかを、もう一度プロービングによって検査します。歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)の深さが浅くなっていれば、状態が改善しているといえます。

スケーリング・
ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニング
2回目の測定で改善しなかった部位には、歯周ポケット内の深い位置に歯石が付着しています。この歯石や感染した歯肉をスケーリングで除去し、ルートプレーニングで歯根面を滑らかに仕上げて歯石の再付着を防ぎます。

再評価2

ポケット測定 3回目

ポケット測定 2回目
再評価1で行った治療で、状態が改善しているかどうかを、もう一度プロービングによって検査します。歯周ポケットの深さが浅くなっていれば、状態が改善しているといえます。





フラップオペ

フラップオペ
歯石が歯周ポケットの奥まで入り込んでいて通常のスケーリングで除去できない場合は、切開手術を行います。麻酔をしたうえで歯ぐきを切り開き、歯根を直接目で見ながら歯石と感染した歯肉をとり除いて、歯ぐきを元に戻します。





エムドゲイン法

エムドゲイン法
歯周病菌の毒素によって溶けてしまった顎の骨や歯ぐきの再生を促す、再生療法の一つです。欠損した部分に薬剤を注入してスペースを確保し、組織を再生させていきます。

GTR法

GTR法
エムドゲイン法と同じく、歯周病菌の毒素によって溶けてしまった顎の骨や歯ぐきの再生を促す、再生療法の一つです。欠損した部分に人工膜を入れてスペースを確保し、組織の再生を促します。

骨移植(自家骨)

骨移植(自家骨)
顎の骨が不足している場合、自分のほかの部分の骨(自家骨)を採取して移植する治療法です。手術時間は2時間程度。局所麻酔で行います。

歯周補綴(ほてつ)

歯周補綴(ほてつ)
重度の歯周病になると、入れ歯やクラウンといった歯周補綴治療による修復が必要になることがあります。歯周病治療と並行して、機能や見た目を回復する治療を行います。

メインテナンス(リコール)

ポケット測定

ポケット測定
スケーリングやプラークコントロールなどの治療で回復に向かっているかを、プロービングによって検査します。経過を判断し健康な状態を保つため、定期的に測定しましょう。

メインテナンス

メインテナンス
歯周病は再発しやすい病気。治療効果を長く保ち、健康な状態を維持するために、定期検診やブラッシング指導、クリーニングを受けることが大切です。通常は3か月ごとですが、個々の患者様によって適したメインテナンスの期間は異なりますので、ご相談ください。

症例紹介

※画像をクリックすると拡大します。

症例1

術前

術後

症例2

症例3

「完治」するまでやめないで~治療を最後まで受けましょう~

術前

歯周病治療には「完治」がとても重要であるにもかかわらず、治療を中断してしまう方も少なくありません。その背景などについて確認してみましょう。

半数の人が中断!?

歯周病には長期的な治療が必要。とくに重度の患者様になると、半年から1年かかることも珍しくありません。しかし「完治」を迎える前に、何と約半数の人が治療を受けることをやめてしまいます。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

【治療中断の理由】

  • 忙しくて通院の時間がないから
  • 自覚症状や痛みがないから
  • 数回の治療で、出血などの目に見える症状がなくなったから
  • 治療が痛かったから
  • つい腰が重くなってしまって
  • 一度予約をキャンセルしてしまったら、通院しにくくなったから
  • 治療の必要性が理解できないから
治療中断が招く悲劇

治療を中断したことのある患者様が再び来院されたときには、ほとんどの場合症状が進んでいます。これは一度中断すると治療に消極的になり、再来院までに期間があいたり、ブラッシングがおろそかになったりする傾向があるためと考えられます。

歯周病は症状が進むと歯を失うことになる恐ろしい病気なので、「おっくうになった」では済まないのです。今からでも遅くありません。勇気を出してもう一度、ご来院ください。

メインテナンスで歯周病を予防!再発を防止!メインテナンスについてはこちら