メインテナンスで再発防止と予防

メインテナンスで健康なお口の状態を維持しましょう

私たちは一度口腔内に定着した歯周病菌と、一生つき合っていかなくてはなりません。誰でも歯周病になる可能性はありますし、一度歯周病の治療が終わった人も、歯周病菌がお口の中からすべて消えてなくなったわけではないのです。

とくに重度の歯周病だった方は、治療後に再発するリスクが高くなります。治療が終了したあとも定期的にメインテナンスに通うことがとても大切。治療を受けた後はメインテナンスを受けて、健康なお口の状態を維持しましょう。

PMTCによるメインテナンスの流れ

PMTCとは、プロによる専用の機械を用いた歯の清掃のこと。当院でPMTCを担当しているのは、すべて厚生労働省認定歯科衛生士。普段のブラッシングでは除去できない歯石もきれいにとり除かれ、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。

患者様へ

患者様へ

「この人じゃなきゃヤダ!」 患者さんから この言葉を聞くのが目標です。
ワイズデンタルオフィスでは、私、木村が責任を持って患者様のメインテナンスをさせていただきます。私は患者様にはもっとご自身の『歯』の状態を知っていただきたいと思っております。

まずはお気軽に当院にご来院いただき、色々な『歯』に関するお悩みをお聴かせください。

お口の環境を改善することで全身疾患への影響を抑えることができますので、『歯』がなぜ大切なのか?なぜ『歯』のメインテナンスをしなければいけないのか?患者様のお口の中の写真撮影を毎回し、その変化をお伝えいたしますのお気軽にご相談ください。

ご来院お待ちしております!

歯科衛生士 木村奈津美

1.磨き残しのチェック

汚れを染める液をお口に含んでいただきます。ブラッシングで磨き残した部分が赤く染まるので、汚れが残りやすい部分を把握できます。

2.ブラッシング指導

磨き残しがあった場所を中心に、効果的なブラッシングの方法を指導します。歯ブラシの当て方や力の入れ方など丁寧にお教えします。

3.超音波スケーラーによる歯石除去

超音波スケーラーは超音波の振動で歯石をとり除きます。同時に歯の表面を洗浄し、細菌が身を守るために張る強力な膜「バイオフィルム」を壊して、除去していきます。

4.ハンドスケーラーによる歯石除去

機械でとりきれない細かい汚れは、ハンドスケーラーで丁寧に落とします。

5.エアーフローによる着色
およびバイオフィルムの除去

エアーフローパウダーと超微細なウォータースプレーをふきつけ、バイオフィルムやプラーク(歯垢)をとり除きます。着色汚れも一緒に除去。パウダーはアミノ酸の細かな粒子でできているので、歯や歯肉を傷つけません。

6.ブラッシング

ジェルを付けた小さなブラシで磨いて、歯の表面や歯周ポケットのプラークを除去。ブリッジの下の汚れも落とします。歯と歯の間は歯間ブラシを用いて磨き、全体をデンタルフロスで仕上げます。

7.ポリッシング

トリートメント用ペーストと専用の特殊カップで、歯の表面を丁寧に磨きます。ペーストには歯の成分と同じハイドロキシアパタイトが配合されているので、再石灰化を促進。細かな傷を修復しながら滑らかに仕上げ、汚れの再付着を防ぎます。

8.ガムマッサージ

歯ぐきにジェルを塗って優しくマッサージします。リラックス効果と、血行促進効果が期待できます。

その他のメインテナンスメニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導
歯並びは人によって違いますし、それによって適した磨き方も変わってきます。奥歯の奥や八重歯の裏側など、ブラッシングの弱点となっている場所を見つけ、模型の歯を使いながら指導します。正しいブラッシングを身につけ、虫歯や歯周病の原因となるプラークを効果的に除去しましょう。

マウスピース

マウスピース
咬合(こうごう)崩壊を防止する処置です。歯周病が進行すると歯を支える骨が溶けるため、歯がぐらつきます。これに伴って周辺の咬み合わせが次つぎと乱れる状態が「咬合崩壊」。こうなってしまうと歯だけではなく全身のバランスが乱れる可能性もありますが、マウスピースを用いることで未然に防ぐことができます。

メインテナンスについてくわしくは お電話(042-727-6474)にてお気軽にお問い合わせください!