妊娠性歯周炎にご用心~マタニティ歯科~

生まれてくる大切なわが子のために~妊娠性歯周炎を知りましょう~

妊娠中の歯周病が、早産や低体重児出産を引き起こす原因になることをご存じですか? この時期の歯周病を妊娠性歯周炎と呼びます。妊娠中はつわりの影響で、丁寧なブラッシングが難しい時期。また唾液の性質の変化や女性ホルモンの増加で、歯周病にかかりやすい口腔内環境になってしまうのです。

赤ちゃんは胎内という快適なゆりかごで、できるだけ長く、大きく育ててあげたいですよね。大切なわが子を守るため、なるべく口腔内を清潔に保ちましょう。いつも通りブラッシングができれば一番良いのですが、においが気になるときは歯磨き粉をつけなくてもかまいません。それも無理ならうがいだけでもしましょう。

また、歯ぐきから血が出るといった症状が出たときは早期に受診することをおすすめします。
とくに何もないと思っていても、初期の歯周病は自覚症状が出にくいものです。安定期に入ったら、一度定期検診を受けるようにしましょう。

ママからうつるってほんと?

歯周病は歯周病菌が引き起こす感染症です。生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には、歯周病菌がまったくいません。しかし、ママのお口から菌がうつり、歯が生えるとそこを拠点に定着するのです。

食器を共有したり食べものを口移ししたりすると、歯周病菌はママから赤ちゃんへと感染。ママのお口の中に歯周病菌が多ければ多いほど、感染しやすくなります。つまり感染リスクを下げるには、ママの口腔内を清潔に保ち、歯周病菌を少しでも減らしておくことが重要なのです。大切なお子様を守るためには、まずはお母様がしっかりケアするようにしましょう。

治療を受けるタイミング

妊娠中は治療が受けられないと思っている方もいますが、タイミングによってはむしろ受けたほうがいいといえます。出産後は赤ちゃんとの生活が待っているので通院が難しくなりますし、妊娠性歯周炎からの早産、低体重児出産を避けるためにも、適切な時期を見計らって一度ご来院ください。

妊娠初期
1~4か月
つわりがある時期でお口の中を触られるのが苦痛な場合があります。また切迫流産の危険性もあるので、緊急性のある治療以外は避けましょう。
妊娠中期
5~8か月
安定期。つわりの時期も終わり、妊娠中でもっとも治療に適した時期といえます。この期間に検診を受けておくことをおすすめします。
妊娠後期
9ヶ月以降
出産を控え、いよいよお腹が大きくなります。診察台へ乗るのも難しくなるので、この時期を迎える前に治療を済ませておきましょう。

マタニティ歯科のよくあるご質問

Q 麻酔が必要な治療を受けられますか?

基本的には、大丈夫です。歯科治療で使う麻酔は局所麻酔。注射した部分で分解される程度の量しか使いませんので、ご安心ください。ただし麻酔で気分が悪くなったことのある方や、麻酔薬でアレルギーを起こしたことのある方は、事前にお知らせください。

Q 親知らずが痛みだしました。妊娠中に抜歯はできる?

妊娠中には、できるだけ抜歯はしません。妊娠中の歯ぐきは唾液の性質が変化する影響などによって、炎症を起こしやすい状態です。抜歯によるトラブルが起きやすくなるので、なるべく妊娠前に抜いておきましょう。

痛みがひどい場合には、消毒や薬をこまめに用いて様子を見ます。産婦人科の先生と相談しながら進めますので、一度ご来院ください。

Q レントゲンを撮っても大丈夫?

歯科のレントゲンでは口元を中心に撮影するので、赤ちゃんに直接X線が当たることはありません。また撮影時にはX線防護用エプロンを身につけますので大丈夫です。気になる方は、妊娠初期の撮影は控えましょう。

マタニティ歯科についてくわしくはお電話(042-727-6474)にてお気軽にお問い合わせください!