歯ぐきから出血する・口臭がする

大がかりな治療になる前に~歯周病治療~

ブラッシングをしていて歯ブラシに血がついたことや、口臭が気になることはありませんか? 出血するのは歯ぐきが腫れている証拠。そして腫れや出血、口臭は、歯周病のサインなのです。歯周病は歯周病菌が出す毒素が原因で、歯ぐきや顎の骨が溶けてしまう病気。歯周病菌はプラーク(歯垢)の中に無数に潜んでいます。

痛みが出にくい病気なので油断しがちですが、痛みが出るほど症状が進んだころには多くの骨が溶け出し、歯が抜けてしまう可能性も! 心当たりがある人は要注意です。早期発見、早期治療を心がけましょう。

歯を失う原因、なんと第1位!

歯を失う原因

平成17年の調査(財8020推進財団調査)によると、日本国内で歯を失うもっとも多い原因は、歯周病です。歯を失う原因というと虫歯を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、それは20代までの話。30代以降になると、歯周病の割合が格段に高くなるのです。

30代以上の日本人のうち、約8割は歯周病にかかっているといわれます。50代以上になると急速に歯は失われていきますが、35歳以上で歯を失う人のうち7割ほどが、虫歯ではなく歯周病が原因という報告もあります。

歯があるうちにはその大切さに気づいていない人もいますが、自分の歯で食事をかみしめられる瞬間はとても幸せなものなのです。それを失わないためには、歯周病の予防が何より重要です。

問題は歯だけじゃない!~本当は恐ろしい歯周病~

歯周病菌が影響するのは歯だけではありません。歯周病を放置していると歯周病菌が口腔内だけでなく、血管や気管から体内へ取り込まれます。歯周病菌が身体中に広がると、実にさまざまな疾患を引き起こすことが明らかになってきています。

早産

早産
妊娠中はつわりで歯を磨けないケースがあり、女性ホルモンの影響もあって歯周病にかかりやすくなります。歯周病菌は子宮の筋肉の収縮を促すため早産を引き起こし、低体重児出産の原因となる場合も。

肺炎

肺炎
気管から肺に歯周病菌が取り込まれると、炎症を引き起こす場合があり、誤嚥(ごえん)性肺炎のリスクが高まります。

血栓性疾患

血栓性疾患
血管が固まりやすくなる物質を歯周病菌が分泌させ、血栓ができやすくなります。動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、心臓病、心膜炎といった重大な病気を引き起こす可能性も。

糖尿病

糖尿病
歯周病と糖尿病を併発すると、互いに悪化を招くといわれています。

あなたも歯周病になっているかも!?歯周病のセルフチェックはこちら