歯周病の治療方法

治してすっきり!~歯周病の治療法~

歯周病の代表的な治療方法には、「スケーリング」「ルートプレーニング」「フラップオペ」の3つがあり、進行度合いによって適したものを選択します。これらの治療法はそのどれもが、根本的に歯石をとり除く治療。プラーク(歯垢)が固まってできる歯石は細菌の住処になるので、それを取り除く必要があるのです。

また当院では上記に加え、レーザー光で歯周病菌を除菌する「ペリオウェイブ」という新しい治療法などもとり入れ、効果的な治療を進めていきます。

歯石にひそむ歯周病菌は毒素を出し続け、それに長く触れている歯ぐきは炎症を起こし、やがて歯を支える骨や歯ぐきも溶かされていきます。さらには口腔内だけでなく、全身に悪影響を及ぼすことも。できるだけ早期に治療を受け、すっきりとした口腔内環境をとり戻しましょう。

歯周病の進行度と治療法

歯周病の進行度 治療法 特徴
初期

スケーリング

スケーリング
超音波スケーラーやハンドスケーラーを使って、歯の表面や根元についた歯石をとっていきます。
中期

ルートプレーニング

ルートプレーニング
歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)の中まで歯石や、感染した歯肉をとり除きます。通常局所麻酔をし、専用の器具で除去。細菌のかたまりであるバイオフィルムも同時にとり除きます。
末期

フラップオペ

フラップオペ
歯石がさらに奥まで入り込んでいれば、切開手術を行います。麻酔をしたうえで歯ぐきを切り開き、歯根を肉眼で見ながら歯石と感染した歯肉をとり除いて、歯ぐきを元に戻します。

光による歯周病治療~ペリオウェイブ~

歯周病は歯周病菌による感染症なので、今までも抗生物質による治療が行われてきました。しかし抗生物質は薬なので副作用が起きたり、耐性菌が生まれたりするという問題があります。そこで開発されたのが、ペリオウェイブです。

ペリオウェイブとは、光による新しい歯周病の治療法です。レーザー光による治療なので耐性菌が生まれることはなく、副作用の心配もありません。負担が少ない治療法として、今注目を集めています。

【ここがメリット! ペリオウェイブ】

  • 薬ではないので副作用の心配がありません
  • 光なので痛くありません
  • 耐性菌が生まれず、何度でも治療が可能です
ペリオウェイブのしくみ

バイオジェルという専用のジェルを塗って歯周病菌に色をつけ、そこにレーザー光をあてます。バイオジェルは光にあたると活性酸素を発生させ、歯周病菌を除菌します。このレーザー光は熱くありませんし、活性酸素は人体には影響ありません。

治療の流れ
1ジェルの注入 2レーザー光照射 3洗浄
1 ジェルの注入 2 レーザー光照射 3 洗浄
歯周ポケットにバイオジェルを注入します。 バイオジェルで赤く色がついた歯周病菌に、光をあてます。 菌の残骸やジェルをきれいに洗い落とします。

進行してしまった歯周病も、あきらめないで!重度の歯周病治療についてはこちら