重度の歯周病でお悩みの方へ

歯歯を失う前に~歯周病の外科的治療~

歯周病が進行してくると、ブラッシングやスケーリングといった通常の治療では対応しきれなくなります。その場合、歯周外科手術で根本的に治療することが必要です。

歯周外科手術には症状の進行を止めることを目的にしたものだけでなく、健康的かつ機能的な歯周組織を取り戻すための再生療法や、見た目を自然に戻すためのものも含まれます。重度の歯周病を放置しているとやがて歯を支える骨を溶かし、歯を失うことになります。可能なかぎり早急に治療を受けましょう。

再生療法とは?

術前

術後

再生療法とは、人間に本来備わっている再生能力を生かす治療法です。歯は再生することができませんが、骨や歯肉は適切に再生を促せば、ある程度の回復が期待できます。ただ、組織によって異なる再生能力をしっかりと考慮に入れた治療計画を立てなくてはいけません。

当院は事前検査で患者様のお口の中の状態を正確に把握し、ご希望もおうかがいします。それらの結果と、組織ごとの再生速度の違いなどを考慮し、適した治療計画をご提案します。重度の歯周病でもあきらめず、一度当院にご相談ください。

さまざまな歯周外科手術をご紹介

スケーリング・ルートプレーニング

スケーラーという専用の器具で、歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットの中の歯石やプラーク(歯垢)を取り除きます。最後にルートプレーニングで歯の表面をつるつるの状態にし、プラークの再付着を防ぎます。

PDT(光殺菌)

光に反応する物質を注入して特定の波長の光をあて、病巣を除去する治療法です。当院ではペリオウェイブというレーザー光を照射する、歯周病菌除去治療を行っています。特殊なジェルで菌を着色して光をあて、ジェルから活性酸素を発生させて除菌。痛みも副作用もない、新しい治療法です。

フラップオペ

進行した歯周病では、歯ぐきを切開し、歯根の奥にこびりついた歯石や細菌に感染した歯肉組織を除去します。病巣が肉眼で確認できるのがメリット。除去後に歯ぐきを戻します。

エムドゲイン法

歯周病菌の毒素によって溶けてしまった顎の骨や歯ぐきの再生を促す、再生療法の一つです。欠損した部分に薬剤を注入してスペースを確保し、組織を再生させていきます。

GTR法

エムドゲイン法と同じく、歯周病菌の毒素によって溶けてしまった顎の骨や歯ぐきの再生を促す、再生療法の一つです。欠損した部分に人工膜を入れてスペースを確保し、組織の再生を促します。

PRP法

エムドゲイン法やGTR法と同じく、顎の骨や歯ぐきの再生を促す再生療法の一つです。治療の前に患者様の自己血を採取し、PRP(多血小板血漿)を作ります。これを患部に用いると術後の経過が良好になり、治癒にかかる期間が短くなります。

骨移植

顎の骨が不足している場合、自分の他の部分の骨(自家骨)を採取して移植する治療法です。手術時間は2時間程度。局所麻酔で行います。

症例紹介

エムドゲイン法

術前

術後

歯周病治療は、どうやって進めるの? 歯周病完治までの流れはこちら